企業の人に会いたいと思わせるためには?

職務経歴書の重要性

 転職をする際、成功のために重要になってくるものとして、「いかに面接をしてもらえるか」という点があると思います。その点から考えると、最初に応募先企業の人が応募者の評価を行うものとして、職務経歴書などの書類があります。なので、職務経歴書が読みづらかったり、わかりにくい文章であったりすると、どれだけスキルやキャリアがあったとしても、面接をしてもらえる確率は減ってしまいます。そこで、どのような点を意識して職務経歴書を書くべきか考えていきたいと思います。

簡潔な文章を心がける

 どうしても自分を知ってもらいたいと思うと、たくさん文章を書いた方が良いと思いがちです。しかしながら、それでは一番伝えたい事項がぼやけてしまい、全く伝わらないこともあります。なので、簡潔な文章を心がけて強調したい部分を意識しながら書く必要があります。ポイントとしては、採用担当者が知りたいと思っている、実績・かつての転職歴・志望動機や意欲・求人先の求める人材に合致するかなどをどれだけ簡潔にまとめるかという点です。特に自分が実績についてPRしたい場合は、表現に気をつけたり、会社にどのように貢献できるかなどを踏み込んで書くことができると評価アップに繋がるでしょう。